和歌山への引越しの思い出

わたしは和歌山県の中で引越しを経験したことがあります。それは二人目の子供が生まれたときでした。結婚してからすぐに和歌山の賃貸マンションに移り住んだのですが、一人目の子供が成長するにつれて家の狭さが気になるようになってきました。

二人目の子供が生まれたことをきっかけに和歌山に中古一戸建てを購入することになったのです。条件の合う中古一戸建てを見つけることができ、家族で引越しをすることになりました。引越し先は和歌山県をまたがない車で三十分くらいのところでした。

引越しするという事が決まってからわたしがしたことは、引越し業者の比較です。二人目の子供が生まれたばかりだったので、なるべく引越し料金は安く済ませたいという希望がありました。

まずは複数の引越し業者に見積もりを出してもらい、その中から一番安いところを利用しようと思っていたのです。直接いくつかの引越し業者に電話をし、訪問見積もりの依頼をしました。テレビでコマーシャルをしている有名な引越し業者からあまり名前を聞いたことがない引越し業者まで気になる業者を選びました。

やはり実際の荷物を見てもらって見積もりを出してもらうと細かい料金を知ることができます。またそこで値切ることもできるので、訪問見積もりはメリットがあるのです。いくつかの見積もりの中で一番安かった引越し業者に決めることになりました。引越し料金を安く済ませるためにいろいろなアドバイスをもらうことができたので、非常に信頼できる業者だったのです。

引越し料金を安くするためにもらったいくつかのアドバイスは、引越しをする日の選び方です。引越しをする多くのひとは大安など縁起のいい日を選びます。しかし仏滅を選ぶことで料金を安くすることができるのです。他にはトラックの数を減らすなど対応して安く済ませてもらうことができました。