青森から東京への引越し

私は2年ほど前、地元青森から東京へ家庭の事情で引越しました。 生まれてからずっと青森で暮らしていたので引越し自体初めてでした。 当時学生だった私は、母と2人で祖母の残してくれた一軒家に暮らしていました。母の姉が結婚してその家で暮らすことになり、私の兄夫婦が暮らす東京に引越しすることになりました。丁度私も専門学校を卒業し、就職先を探していたので東京に行けるのは大変ありがたいですし、チャンスでした。

青森から東京に引越しする際、引越し業者を何件が探したのですが高くついたのをよく覚えています。私たちは家具や電化製品などは大分年期が入っていたので、母の姉がいると言ったもの以外はリサイクルセンターや粗大ゴミなどに出して処分し、なるべく物を減らすようにしました。また、本なども古本屋に持っていきました。そして荷物を減らした私たちは、青森から東京への宅急便を利用することにしました。大きな家具がない私たちには引越し業者に頼むより宅急便の方が安くあがったからです。

東京での新居はまだ決まっておらず、新居が見つかるまでの間兄夫婦の家に居候することが決まっていました。幸い兄夫婦の家には大きな車庫のようなガレージがあるので青森から届いたダンボール箱はそこに置いて保管してもらいました。 大きめのダンボールをいくつか購入し、物をつめたあと30kg未満になるように気をつけながらつめて出来たものから順に送るのを繰り返しました。

引越し当日は最低限必要なものを手元に残して身軽に東京まで行く事ができました。 そして東京に引越してから新居を見つけて、そこへ引越すときは赤帽に頼みました。あらかじめまとめて送っていた段ボールをそのままトラックに乗せてもらって無事引越すことができました。 そして今、母も私も働きながら一緒に仲良く暮らしています。

引越業界ならではの頂き物

私は以前引越しのアルバイトをしていたのですが、仕事をしていると、その中でお客様のところへお伺いした際に、俗に「チップ」というお客様からスタッフが頂くお小遣いというものをくださる機会が結構あります。

チップは大体ジュース代位の金額をよく頂くのですが、過去に一度だけ、お客様からチップの代わりにと、ある食べ物を頂いたことがありました。お客様は1人暮らしの女性の方で、引越しも何度か経験されていたこともありその日は作業全体がスムーズに終わりました。

手続きを終わらせて「それでは失礼します」と言った時、お客様から呼び止められ「今日はありがとうございます。よかったら皆さんで召し上がってください」と、そばのカップめんを渡してきたのです。一緒にいたスタッフが「もしかして引越しそばですか?」と聞くと、お客様は笑顔で頷いていました。

ちょうどお昼近くでもあったので私たちはありがたく受け取り、お昼ごはんとして頂きました。後にも先にもチップの代わりにそばを頂いたのはあの時のお客様だけで、今ではスタッフの中でちょっとした伝説になっています。

広めのところに引越し

3年ほど前に引越しをしました。 以前住んでいたところからそんなに遠くないところですが、 子供が生まれて少し広いところに引越しをしたかったためです。 物件自体は妻が気に入ったところで決めたのですが、私自身も気に入りました。

しかし、当然ながら多少家賃が上がることになるので、 不動産屋を通して大家さんに家賃交渉をしてもらいました。 結果的には約4,000円安くしていただけることになって、満足していました。 よくよく考えるとこちらの要望の金額がほぼ通ったわけで、 もしかしたらもう少し安くできたのかな?と思っています。 毎月のことですし、たとえ1,000円でも安くなれば気分も違います。 いまさらかも知れませんが。

もし、引越しを考えていらっしゃる方は、物件の空き状況・人気具合などで違うかもしれませんが、 家賃交渉をしてみることをおすすめ致します。 ちなみに前回の引越しは賃貸物件でしたが、現在はマイホーム購入を検討中です。

休日にたまに見に行ったりするのですが、先日見に行った物件は、 早くも200万円ほど交渉の余地がありそうです。 購入にしろ、賃貸にしろ引越しは大きなイベントですので、慎重に、シビアに、 そして楽しんで決めるのが一番だと思います。

学生時代の一人暮らし

大学生の時、初めて親元を離れて一人暮らしを経験しました。 大学1年生の1年間は学生寮にいましたので、残り3年間が一人暮らしでした。 早く自由になりたかった私は、一人暮らし初日の引っ越しの日は何よりも楽しみな出来事であり、 その後の3年間もとても幸せでした。 誰にも干渉されることなく、自分で決められる自由。 一人でゆっくり過ごすことも、友人たちを招いてお茶会をするのも、 好きなだけ好きなアルバイトに明け暮れるのも。 それらすべてが私の憧れの学生生活でした。

当時、両親には自分で思う以上の心配をかけましたが、 それでも外に出してくれたことに感謝しています。 大学卒業後は実家に戻って両親と暮らしていますが、 一人暮らしを終えたあとの引っ越しの時はあっと言う間だった3年間がとても愛おしく思えました。 一人暮らしをしたからこそ、経験出来たこと、気付けたことがたくさんありました。

学生の一人暮らしは楽しみもありますが、同時に不安もあります。 いざというとき、頼れる人がそばにいないこと。 今まで親に頼っていた身の回りのことも全部自分でしなければならないことなどです。また、女子大生ということもあり、自分の身を守ることも意識しなければなりません。両親が一番心配したのもそこでした。

他人に迷惑をかけるような行為をしないこと。不審者に狙われないように注意すること。 部屋の戸締り、火のもとはしっかりとチェックすること。 最低限、安心安全に暮らせるための注意だけは怠らないようにとしつこいほど言われ、 自分なりのルールを設けて守っていました。 親からすれば、好き勝手遊んでばかりのじゃじゃ馬に見えていたと思いますが、 一人暮らしをすることで、自由と責任の背中合わせの意味を体で知りました。 長く一人暮らしされている方も多くいらっしゃると思いますが、 実家を出る機会の少ない人でも一度は経験されるとよいと思います。

和歌山への引越しの思い出

わたしは和歌山県の中で引越しを経験したことがあります。それは二人目の子供が生まれたときでした。結婚してからすぐに和歌山の賃貸マンションに移り住んだのですが、一人目の子供が成長するにつれて家の狭さが気になるようになってきました。

二人目の子供が生まれたことをきっかけに和歌山に中古一戸建てを購入することになったのです。条件の合う中古一戸建てを見つけることができ、家族で引越しをすることになりました。引越し先は和歌山県をまたがない車で三十分くらいのところでした。

引越しするという事が決まってからわたしがしたことは、引越し業者の比較です。二人目の子供が生まれたばかりだったので、なるべく引越し料金は安く済ませたいという希望がありました。

まずは複数の引越し業者に見積もりを出してもらい、その中から一番安いところを利用しようと思っていたのです。直接いくつかの引越し業者に電話をし、訪問見積もりの依頼をしました。テレビでコマーシャルをしている有名な引越し業者からあまり名前を聞いたことがない引越し業者まで気になる業者を選びました。

やはり実際の荷物を見てもらって見積もりを出してもらうと細かい料金を知ることができます。またそこで値切ることもできるので、訪問見積もりはメリットがあるのです。いくつかの見積もりの中で一番安かった引越し業者に決めることになりました。引越し料金を安く済ませるためにいろいろなアドバイスをもらうことができたので、非常に信頼できる業者だったのです。

引越し料金を安くするためにもらったいくつかのアドバイスは、引越しをする日の選び方です。引越しをする多くのひとは大安など縁起のいい日を選びます。しかし仏滅を選ぶことで料金を安くすることができるのです。他にはトラックの数を減らすなど対応して安く済ませてもらうことができました。